2002年12月20日UP

12月7日(土)午後から8日(日)の明け方にかけて北御牧に雪が降った

ジイとバアにとっては、12月のクリスマス前に雪が降るという経験があまりないため、わくわくしながら夜を明かした
8日朝、うっすらとあたり一面に雪が積もっていた
急いでシャッターを切った
しかし、昼前にはもう雪は溶けてしまって北側の屋根にホンの少し痕跡をとどめるだけとなってしまった

          

でも、天気予報では、これから夜中までには、首都圏も含めて東北から上信越、関東一円に雪が降るということであった
早く帰らないと上信越道、関越道が不通になるといけないので、早々と午後3時過ぎには帰路についた

午後5時半には上尾の家に着いたが一向に雪が降る気配はない。
その日は北御牧で慣れない大工仕事などをしたので疲れており、早く寝てしまった

翌朝、起きて驚いた なんと上尾であたり一面真っ白なのだ
しかもまだ降り続いている
4月から自転車通勤をしているジイもさすがに今日は自転車をやめた
我が家には4WD、2WDの2台の車がありどちらもスタッドレスを付けているが、職場の駐車場を解約してしまったので、自分で運転して行っても置く所がない
バアは免許証は持っているが、こんな気象条件のときは絶対に運転しない 
仕方なく、歩いて職場へ行った 35分かかった
高崎線も不通で、職場の同僚の息子が期末テストに間に合わないと、一緒になって心配した
午後3時ごろまで降って雪は止んだ

数日、上尾に降った雪も日陰では残っていた
13日(金)の夜、仕事が終わり帰宅して夕食後、8時過ぎに家を出て北御牧に向かった
午後10時半過ぎに北御牧について驚いた
なんとここは銀世界だ

         

先月近所への挨拶回りで、雪が大変だと脅かされていたが半信半疑だった
でも、これが現実なのだ
おととし土地を買うとき、雪はほとんど降らなかった
購入した去年の冬も雪は少なかった
家を建てた今年の冬は、まだ12月の半ば前だというのにこんな状況とは!

確かに3年前の冬は北国はどこも大雪だった しかし、
今年はエルニーニョの影響で暖冬予想が気象庁から出ているというのに・・

まずは、北御牧のお天気からの強烈なご挨拶ということか??



後日談
この記事を書いた翌週、日付は12月20日(金)の夜、北御牧についたときは、
すっかり雪が融けていた。
ところが翌日午前中から降り始めた雪は、前回のゆきどころではなかった。
家の10メートル手前の舗装道まで除雪車が夜半と翌朝の2回も出動してきた。

    

北御牧では初めて雪かきをした。
最初は自分の家に入る西側の道路を玄関前まで夜7時ごろ実施
翌朝北側道路を奥の家の人が雪かきを始めたので一緒に除雪に参加
そのうち西側の道路の奥の家の(そこは一人暮らしのおばあさんの家)近所に住む
娘さんがやはり雪かきを始めたので、こちらもお手伝いをする。
雪かきのルールは知らないが、道路は使ってなくても、自分の家の敷地周りぐらいは
やらないといけないのだろうと思い、参加した次第である。
おかげが腰が痛くなってしまったが、結構楽しく雪かきをした。
埼玉の雪に比べ、水分が少なく量の割に負担は少なく感じた。

            戻る     次へ