バーの趣味その1 手編み
ベッドカバー1(2002年4月) ベッドカバー2(2002年4月)
テーブルセンター直径70cm(2002年5月) 次の作品製作中(2002年6月)
ソファーカバー(大)(2002年5月) ソファーカバー(小)(2002年6月)
花瓶敷きは、2ヶ月で50枚近くになりました(7/15) 北御牧用にクッションカバーもつくりました(7/15)
娘たち用に化粧道具用ポーチが完成(7/15) あーちゃんのために1日で編みました(7/19)
もう一つ作りました(7/20) あーちゃんにかぶってもらいました(7/28)
新しいバージョン巾着(7/28) 北御牧1階トイレ用のカーテン(8/9)
サンルーム用カフェカーテン(8/9) 退職したら絶対にやるといっていた木彫。まだまだ未熟、という本人の弁。次の作品はいつ?(9/16)
225のモチーフを繋ぎました。さて、何に使おうかな?(10/08) 北御牧の家の完成に合わせ、作り貯めたカーテンを付けた。まずは、キッチン窓のカフェカーテン(11/17)
1階トイレのカーテン(11/17) サンルームのカーテン(11/17)
2階プレイルーム北窓のカーテン。浅間連峰が見える窓(11/17) 同じくプレイルーム西側窓のカーテン(11/17)
2階トイレのカーテン(11/17)
10月中旬頃から編み始めた夏用のベッドカバーの1枚が完成しました。冬用と比べて見てください(03/02/11) 使ったモチーフの数は、横11枚縦17枚合計187枚になります。1枚編むのに約40分。全部で約125時間かかって編み上げた計算になります。ご苦労様(03/02/11)
最初は何にしようかな、といって編み始めましたが孫のスカートになりました(03/3/26)。 まだオムツの取れていないあーちゃん。スカートじゃオムツ丸見え?いっぱい言葉が出てくるようになりました。帰るとき「ジイジ、バイバイ」と2語文がでていました(3/26)
バアは自分のためにもベストを編みました(03/4/5) サンルームだけではなくリビングの吹き抜けもドライフラワーの製作場に(03/07/20)
香り袋(中にラベンダーが入っている)。巾着型はハンドバックや引出しの中に、四角い袋は枕の中に入れるといい香りがする。中に入っているラベンダーは、ジイとバアの家の庭で育ったものと、丸子町にある信州国際音楽村のラベンダー祭りで摘み取ってきたものをドライにしたもの。糸はレース糸を使用。バアの手編みも大作主義から小物へと変遷しつつある。そのうち、香り袋はジイとバアの家の特産品(?)になる予感(ジイ)
(03/07/21撮影)
長女のふーさんに頼まれポーチとケープを編みました(03年12月) モデルはふーさん自身です
座椅子のカバーを編みました(04年1月) コーヒーメーカーとトースターのカバーをハンカチのパッチワークで作りました(04年2月)
パソコンのカバーは、ご覧のとおりのランチョンマットを転用していた。 ハンカチのパッチワークで、レースの縁のついた大きな布ですっぽりかぶせることができるようになった。(04年3月)
さらに、テレビのカバーも(04年3月) ハンカチを丸や四角に切り、その周りをレース糸で編んで多用途敷物に(04年3月)
トップへ