週末の北御牧滞在も2年目を迎えた。最初の1年は新鮮な感動の日々で、それらをテーマ別に記録してきたが、今年からは日記風に毎回滞在している間の出来事を、画像もまじえて記録して生きたいと思い、新しいページを作った。
12月18日〜19日 17日は仕事で帰りが遅かったため、出発が遅れ夜中に到着。寝るのが遅くなり、寝しなに飲んだビールのせいで明け方に目を覚まし、トイレに行ったジイは、貧血で倒れ顔面を強打したらしく、メガネのツルが大きく曲がってしまった。幸い、頬と右肩を軽く打撲した程度で済んだ。後日脳神経外科でMRI,MRAを撮ったが脳には異常がなかった。まずは安心。血圧の低下による排尿時失神との診断。心臓の方は専門医に診てもらうために、紹介状を書いてもらった。後日メガネも修理代もかからず、購入した眼鏡屋で元に戻してもらった。そんな事件もあった18日だが、ジイは2台の車のスタッドレスタイヤへの交換をやってのけた。8本のタイヤを交換するのに1時間半強でできるようになった。夕方から上田市のジャスコに買い物に行き、ジャスコ内のレストランで初めて夕食を取った。19日は朝から、畑の耕作と、ブドウ、キュウイフルーツの枝の剪定をした。
           
12月11日〜12日 11日の朝は冷えて、我が家の小さな池も凍った。温度計もピンぼけで見にくいが氷点下1度を指していた。12日は昼間ぽかぽか陽気になり、明神池まで散歩。車の通りもなく、景色も見晴らしの良い散歩コースを発見。池では、何種類課の渡り鳥が泳いでいた。また、帰りには、今まで歩いたこともないところを半分迷いつつ、新しい発見をしながら、家路に着いた。カインズで、藁を切るカッターを購入。これで畑の土に細かく切った藁を混ぜ込んで、耕すことにする。
  
12月4日〜5日 3日金曜日出かける前に、我が家の飼い犬「アンちゃん」(写真)が行方不明に。これで2度目。老犬で、目が見えず、耳も遠くなり、鼻も利かなくなっているので、バアは近所中を探し回ってくたくた。ジイも大きな仕事が終わり打ち上げ飲み会で飲んでいるため運転できず、結局寝込んでしまったため朝3時前に出発。4日午後は、友人がジイとバアの家を見学したいということで、出迎え。友人が帰った後、夜からは雨と風が激しい。翌日は、朝8時ごろから陽射しが出て、空気も一段と冴え、浅間山や、美ヶ原がはっきりとよく見えた。普段は見えない、美ヶ原の風力発電の塔までよく見えた。庭の排水路も川のように水が流れていた。
 追記 アンちゃんは、近所の人が、溝に落ちて出られなくなっているところを助け出してくれ、預かってくれていた。5日に我が家に無事帰還、感謝。

         
11月27日〜28日 ジイが清掃ボランティアで27日朝作業をしたため、いつものように金曜日の夜に出発ではなく、土曜日に出発。今回は、次女と孫も一緒。久しぶりに孫の写真をたくさん撮ろうとシャッターを切ったら、メモリーが入っておらず残念ながら画像なし。職場旅行の写真を職場のパソコンに入れるために、カメラからメモリーを取り出したままで、すっかり忘れていた。2日間とも好天に恵まれ、ジイは、庭いじりをし、畑づくりで出てきた石を、木の周りに配置した。先週近所からいただいた稲藁を、単管パイプにかけて保存することにした(写真は翌週撮影)。
          
11月22日〜23日 前日の神戸旅行の後、北御牧へ。22日の月曜日は、休日出勤の振替で休み。朝からの好天で、近くの山へクリスマスリース用の蔓やリースに巻くヒノキの葉を取りに行った。午後からは、ベランダで日向ぼっこをしながらリースづくり。全部で6個作成。早速玄関ドアに飾った。バアも「ヘクソカズラ」の実で作ったリースを、ポストの上に飾り付けた。23日は、次女からのメールで海野宿でイベントがあるというので、行って来た。旧東部町の雷電太鼓や時代仮装行列など行われた。お昼は、くるみおはぎや野菜たっぷりのほうとう、焼きそばなどを食べて楽しんだ。
  
11月20日〜21日 11月20日、21日の土日、ジイは職場旅行で神戸へ行って来た。朝8時30分過ぎの新幹線のぞみでお昼前に新神戸到着。三宮駅近くのステーキハウスでステーキを食べ、ポートアイランドのパールシティホテルにチェックイン。ポートライナーが工事で運休していて、神戸市役所前から無料シャトルバスでホテルの前まで行った。ホテルに手荷物を置き、ポートタワーまでタクシーで乗り付け、タワー搭乗後ハーバーランド・モザイク地区探索。夕方5時からのディナークルーズで2時間の神戸湾内航行。明石大橋まで行ってUターン。寄港後ホテルに戻ってカラオケ大会。翌日は自由行動で、六甲山へ行ってきた。阪急六甲駅から市バスでケーブル下駅まで行き、ケーブルで六甲山上駅へ。そこから記念碑台、自然保護センターを経て高山植物園まで歩いて行き、そこから山上循環バスに乗って、神戸で一番高い場所といわれているガーデンテラスまで行き、神戸湾を見下ろしながらおしゃれなランチ。次に六甲山を下山後は、新神戸に行って、新幹線までの時間が1時間30分程あったので、北野異人館を見学。午後3時半ののぞみで帰京。上尾着8時。夕食後北御牧へ。
11月12日〜14日 12日金曜日振り替えの休みをとり3日間の北御牧。12日は朝から雨のため、上田へショッピング。お昼は、最近バアのお気に入りのラーメン屋(上田駅ビルにある「武士(もののふ)」)で。午後から晴れてきたので、Uターンして軽井沢のアウトレットへ。久しぶりに二人とも購買意欲に燃え、買い物袋の山に。13日は朝から晴天となり、ジイは網戸洗い。庭のモミジがいい色に紅葉している。前日の雨で、浅間の頂上付近は冠雪してうっすらと白くなっていた。
          
11月6日・7日 ジイは1日・2日とやはり仕事で長野・新潟に出張。23日に起きた新潟県中越地震に関連した救援や義捐金募金なども含め、ずっと忙しくなっているが、毎週の北御牧生活は堅持している。6日は天気も良く久しぶりに明神館まで散歩。新しい散歩コース発見。途中アスパラガスの赤い実を初めて見た。浅間山の噴煙は相変わらず多い。7日には、マルチングシートを敷き、カインズで買ってきた穴あけ器で約10センチ間隔で穴を開けて苗を植えた。たまたま、朝農産物直売所「なないろ畑」で、たまねぎの苗を売っていたのでそれを購入し、我が家の種から育てた苗と一緒に植えたので、苗は全部で200株以上になった。これが全部収穫できたらどうしよう?
  
10月30日・31日 28日・29日とジイは仕事で三陸海岸のほうまで出張し、29日夜10時前に帰宅後、北御牧へ、夜中の12時半過ぎに到着。先週ころからヤーコンが東部湯の丸の道の駅に出荷されていたので、我が家のヤーコンも収穫することにした。たった2本の苗でこんなにたくさん採れた。来年はもっとたくさん作ろう。
          
10月23日・24日 国体開会で22日(金)の夜は、武道館で行われる柔道競技の選手たちの宿泊所になったスポーツ研修センターで、お世話係りとして宿泊したため、23日土曜日お昼前に帰宅してから北御牧へ。9月11日に種蒔きをしたたまねぎの苗が育ってきた。そろそろ、植え替えの時期が迫っているのだが、天気が悪く畑の耕しが進まない。
      
10月15日〜17日 10月2日の土曜日出勤の振り替えで15日の金曜日から滞在。2年経ってデッキもすっかり塗装がはげてきたので、カインズの塗料3.2リットルで塗装を始めたが、塗料が足りず、もう1缶あわてて買いにいくはめになった。翌日は、玄関ドアも専用の塗料で、こちらははけ塗りではなく、オイルを雑巾に沁み込ませて拭くようにして塗りこむ。意外とこちらは簡単でなぜもっと早くやらなかったかと後悔した。9月1日の噴火後あまり天気の良い日が少なく、姿を見せることあまりなかった浅間山であったが15日に見せた浅間山には、大量の噴煙がたなびいていた。
  
17日は、義姉夫婦と野辺山駅でおちあい、八ヶ岳を眺めに野辺山の最高地点を通りしし岩経由で飯盛山登山。最高の天気で富士山や赤岳、南アルプスなどを眺めつつ、ゆっくりと登り、下りは清里駅まで来て、電車で野辺山に戻った。
          
10月9日〜11日 長いこと懸案だったキッチンにあるバアのデスクの壁際に棚を取り付けた。9月下旬から始まった稲刈りも半分近く進んでいる。こちらは、稲刈りの後の天日干しの光景が美しい。
                   
今回はフーサンも一緒だったので、小布施に行き、北斎館見学や長野電鉄小布施駅葛飾北斎の描いた鳳凰の天井画のある岩松院をたずねた。昼食は、有名な竹風堂は混んでいたのであきらめ、北斎館近くの風味堂の栗ご飯を食べた。
          
      
10月2日・3日 ジイは現市長のトップダウンで決まった土日開庁(世の中は電子申請時代を迎えようとしているのに・・・)の当番出勤のため北御牧にはいかれず、バアと次女と孫の3人が北御牧滞在。それにしても100人に満たない来客のために、50人近くの職員や警備員を配置する無駄をいつまで続けるのだろうか?一方で福祉予算を財政難を理由にばっさり切っているというのに。
9月26日(日) 稲が今年は少し早めに黄金色に色づいたような気がする。先週はほとんどまだ稲刈りは始まっていなかったが、今週は一部稲刈りが始まり、天日干し風景がみられるようになった。北御牧の八重原で作っているおコメを「八重原舞(まい)」のブランドで売っている田んぼの稲。近所の農家が丹精込めて育成しているセンブリの花が咲いていた。
  
9月25日(土) ジイは土曜日の朝、清掃ボランティア(開始直前の雨で中止)があったため、今回は土曜日の午後北御牧着。住宅性能保証機構の完成2年後の点検ということでホクシンのNさんと午後3時に約束して我が家の点検。まったく問題なし。早く週末だけでなく毎日住みたい家だ。ところで外の壁に時計を付けた。野良作業中は腕時計を付けているのは邪魔なので、外にいると時のたつのを忘れて作業をすることが多く、ふと今何時?と思ったとき家の中に入って時計を見るのは大変おっくう。そこで思い切って外でもわかるように壁に時計を付けてしまった。わが愛車の三菱RVRの運転席側のドアの取っ手が壊れてしまった。ちょうど三菱のお詫びの愛車点検サービス期間中だったのでそれにあわせて修理をお願いしたら、サービスで直してくれた。
          
9月19日(日) ジイは今年最後の渓流釣りに16日の夜から18日の夜まで福島会津方面へ。釣りから戻ったその足で北御牧へ。19日は、1日先週刈った草を燃やす。残った灰を畑に撒く予定。山口の大島教会にあったユリを去年バアの長姉が、おじいちゃんの1周忌に持ってきてくれた。気候が合うか心配したが、見事に咲いた。4輪のうち1輪だけ残っていた。
                  
9月11日〜12日 9月1日に噴火をした浅間山。先週は雨で姿を現さなかったが、今回は帰り間際に雲が晴れて見えた。やはり、噴煙は今まで見たことのないような量で吹き上がっている。遅れ遅れになっていたたまねぎの種を蒔いた。約10センチ間隔で条蒔きにし、敷き藁をした。今年何度目かの草刈をする。
           
9月4日〜5日 ジイの清掃ボラのため、4日土曜日午後にあーちゃんも一緒に北御牧。あーちゃんは雨女か?今回も雨多し。ここのところ台風の上陸が多く九州や四国、中国地方は大変。北御牧も大雨で畑の水も引かない。憂鬱なあーちゃん。
           
8月28日〜29日 去年「なないろ畑」で買って食べたらおいしかったカボチャ「クジュウクリ」の種を、今年は畑に蒔き、出てきた苗を3本植え替えたところ、どんどん大きくなって沢山の実をつけた。最初の収穫ごこれ。まだまだ実がついている。裏の池の土手には、今年もツリガネニンジンやワレモコウが姿を現した。
  
8月21日(土) 中部電力でブレーカーを40Aから60Aに変更してくれた。これで、IHクッキングヒーターと炊飯器などの家電を同時に使っても停電にならずに済むだろう。
           
8月14日〜16日 リンゴが色づいてきた。今年は、赤星病にかからないよう消毒を2度ほど行った。それでも少し、葉に赤星病が現れている。リンゴの実は去年に比べきれいな肌のものが多い。カボチャの初収穫。これも収穫のタイミングがわからないが、勝手にへたのところが黄色くなりかけたら採ることにした。16日の月曜日ジイは夏休を取り、中部電力にいって、ブレーカーの変更を申請したら、その日のうちにに北御牧の家に来てくれたが、手持ちのブレーカーがなく21日にあらためてきてくれることになった。
             
8月7日〜8日 あーちゃんが遊びに来た。雨の合間にプールで遊んだ。ブドウの一部を袋かけした。最近蝶が目に付く。このホームページを見てメールをしてきた方の影響か?
  
8月1日(日) ジイとバアとバアの姉夫妻の4人で、車で45分のところにある某山へ。ここは、アサギマダラ蝶の生息地。山一面がお花畑のようで、景色よし、花よし、歩き安いの三拍子そろったところ。烏帽子・湯の丸の次ぐ定番コースになりそうだ。
                              
7月31日(土) 30日ジイは夏休をとった。31日はバアの姉夫妻が来る。明日は、近くの山歩きを一緒にすることになっている。
7月24日〜25日 24日の土曜日の朝はジイの清掃ボランティアの日。午後から翌日の25日いっぱい北御牧では、草刈と草取りに明け暮れ、写真をとる暇もなかった。
7月19日(月) 今日は海の日で祝日。昨日から泊まりに来ている職場の仲間と一緒に車山高原に行って来た。キスゲも人出も2週間前と比べ多かった。仲間が帰った後の庭、マリーゴールド、ラベンダーは今年もしっかり咲いているが、サルビアは水不足の炎天下苦しそうに咲いている。夕方になると今年初めて種を蒔いたオシロイバナは、白、ピンク、黄が花一つひとつに色が混ざって咲いている。今日の夕方は、久し振りに見る美しい夕焼けとなった。明るいうちに帰った仲間に見せてやりたいほどの美しさ。写真の撮影時間は午後7時過ぎだが、30分以上刻々と変わる夕焼けの色を堪能した。
  
7月18日(日) ジイの職場の仲間10人が3台の車に分乗してやってきた。一人は来る途中に事故を起こしてしまい、急遽断念。明神館の温泉入浴後、デッキでバーベキュー大会、花火やキャンプファイヤーなどで大騒ぎ。近所の家はすぐ近くにあるわけではないが、周りが静かなため遠くまで音が響く。近所の皆さん、ゴメンナサイ。
周りの騒ぎに関係なく今年も家の周りには、ユウスゲやキキョウがひっそりと咲いている。
  
7月17日(土) 畑の野菜トマト、ミニトマト、ナス、ピーマン、ブルーベリィ。今年は雨が少なくいまいち出来が良くない気がする。それに比べジャガイモは去年同様まあまあである。トウモロコシは、いつ頃収穫していいのかタイミングがわからないが、明日のバーベキュー用に収穫(食べてみたら甘くてしっかりした実付きで評判はグー)。
  
7月11日(日) 世の中は参議院選挙。不在者投票(今は期限前投票)を済ませてきたので、今日は久々に日曜大工で来週職場の仲間が大勢来るので、バーベキュー用のテーブルづくりをした。この上にパネルを打ちつけて完成。選挙の結果は、閉塞した状況を打ち破るような新しい流れは生ぜず、心なしか雨上がりの浅間は怒りの噴煙がいつもより多いようだ。裏の池に住み着いたシマガエルは、どんな世の中でも生き抜いてみせるというような顔をしていた。
  
7月10日(土) 去年種を買ってきて咲かせた黄花コスモスの種を採り、今年はその種を植えた。早々と咲き始めた。去年、ハーブの一種モナルダは、咲き初めてまもなくうどんこ病になってしまったが、今年はあちこちで病気にもならずしっかりとしたピンクの花を付けている。去年二株植えたギボウシが見事な花を咲かせた。
  
7月4日(日)bQ この日は、霧が峰、車山高原に行った。そろそろニッコウキスゲが咲き始めている頃なので、シーズンで込み合う前にということで行ってきた。南斜面を中心に咲き始めていた。まだ、レンゲツツジも残っていた。また、コバイケイソウが満開だった。
  
7月4日(日) 今日もいい天気で庭の畑も順調に野菜が育っている。今年初めて挑戦しているトウモロコシは、1本70円で買ってきた苗もしっかり実をつけ初めている。2年目の挑戦のカボチャも順調だ。買ってきた苗のほかに去年「なないろ畑」で買って食べておいしかったカボチャの種を取っておいて種からそだてている苗も東側に植えている。名前の知らない花だが、バアの家族の中では「夏季伝道の花」と呼んでいる大きな花が満開になった。
 
 
7月3日(土) いよいよ夏本番。北御牧でも直射日光の当る屋外は暑い。デッキに付けてある新しい温度計は、とうとう40度になった。
暑い陽射しを浴びてブドウの実が今年はいっぱいだ。たった一つ実を結んだキューイもふくらんできている。

  
6月27日(日) ジイの母親の17回忌のため、お墓のある静岡県に北御牧から初めて直接行くことにした。将来北御牧に定住すればここからお墓参りに行くことになる。中央高速須玉インターまで国道141号線で行き河口湖経由でお寺まで約4時間かかった。
6月21日(月) 今回は、東御市役所に用事があったため休暇を取って1日多く滞在。台風が近づいているが午前中は草取りができる天気だったがさすがに午後から強い風と雨になった。ミントの葉に風に耐えてアゲハチョウがとまっていた。先日から何回かメールを送ってくれた愛蝶家の方の蝶の写真集に刺激されて?思わず撮影してしまった。わが友人Oさんが好きだと言うタチアオイの花が咲き始めた。台風の風で倒れなければいいのだが・・・。
         
6月19日(土) ナスとピーマンが今年初めての収穫。しかし、なんとナスが昨日の夜ついてすぐ懐中電灯片手に見たときにはなかった大きな穴が・・・。去年は一度も鳥に突付かれることがなかった。ご近所の農家の方もナスを鳥が突付くことは珍しいと言っていた。今年初の試みピーマンやヤーコン、トウモロコシも順調に育っている。去年一つしかできなかったカボチャは、雌花への受粉を人為的にやってみたら二つが見事に大きくなってきた。全部で4個確認できた。トマトも色づきを待っている。
         

  
6月13日(日) 今年はマリーゴールドを種から育て、花壇に植え替えた。苗がなかなか大きくならず、小さいまま植え替えた。自然に種が落ちて育ったもののほうが元気よく育っている。マリーゴールドは明らかに上尾で育てるよりも、北御牧の気候に合っているのか、こちらのほうが育ちが良い。サルビアは去年に続き同じ場所に植えているが今年も少し元気がない。砂地でもあり、水不足が影響か。それに比べバアの大好きなラベンダーは勢いがある。今年も手編みの香り袋に入れるため、早めに少しずつ花芽を摘み取ってドライにしている。写真では分かりにくいが、左側の青い色の部分がラベンダー、赤いのがサルビア、コンクリートとサルビアの間にマリーゴールドを植えたのだがよく写っていない。ジャガイモは、花が咲き出した。あとひと月もすれば収穫が始まる?
         
6月6日(日) 花壇の花が、色とりどりきれいに咲いている。今年は、パンジーの苗を多く購入して植えたが、去年咲いて種がこぼれ、冬の間も生き延びたムシトリナデシコも白とピンクの2種類が咲いている。去年単管パイプで棚を作ったキュウイフルーツに花芽がたくさん付いている。今年こそ実がなるかな?
         
5月30日(日) ジイにとっては、2週間ぶりの北御牧。相変わらず草取り作業が忙しい。一気に伸びた雑草を草刈機で1日かけて刈る。一時は水不足で枯れかけた芝桜も息を吹き返して元気に育ち始めた。また、ジャガイモもどんどん大きくなってきており、花芽が膨らんできた。今年初めて苗を購入し植えたトオモロコシもあっという間に大きくなっている。
         
5月20〜22日 休暇を取って、毎年の恒例行事になった秋田・田沢湖周辺への釣行。今までは雪しろの多いゴールデンウィーク前が多かったのが、今回は3週間程度遅いので心配したが、初日いい型のイワナが釣れた。3日目の最終日の朝は、何年かぶりの尺もの(30センチ超)のイワナをゲットできた。去年あたりから、朝から晩まで釣り三昧ではなく、雨模様であったことや、今回の投宿場所が田沢湖畔だったこともあり、伝説の辰子姫の像と、乳頭温泉の入浴もしてきた。いずれも5年以上も来ていて初めての体験である。なお、22日、23日の週末、ジイを除くバアと娘2人と孫とで北御牧生活をしたのだが、画像は残されていない
         
    
         
5月14〜18日 我が家のメス犬「アンちゃん」が鎖が外れ、迷子になった。もう15年以上家族の一員として暮らしてきたので、行方不明になったときは本当に悲しかった。最近の流行語の中に「ペットレス症候群」というのがあるが、バアはそれを実感していた。人間の年齢に換算すると80歳になる「アンちゃん」は、最近とみに耳が遠くなり、目も悪くなっている上に犬の命というべき鼻も利かなくなって来ていたので、自力で戻るのが難しいのではないかと、悲観していた。車、自転車、徒歩で数日間探し回ったが見つからなかった。悲しみに暮れるバアに代わって、隣に住むバアの姉が周辺の何軒かの獣医に情報提供をお願いしていたところ、同じ町内に住む方から数日預かったあと同じ町内の獣医に送り届けられたとの情報があり、5日ぶりに我が家にご帰還となった。やせ細り、皮膚病にかかり見るも無惨な姿になっていたが、1週間ほどたちようやく元通りの顔付きに戻ってきた。
                    
5月15、16日 種芋を植えてから約1ヶ月が過ぎ、ジャガイモが順調に生育している。80個のうち発芽していないのは、一つだけである。一つの種芋から何本も目が出ているのでしっかりした新芽2、3本を残して新芽の間引きをした。ナスやトマトは、去年は大きく育てればたくさん実がつくのかと思い、新芽を芽欠きせず伸び放題にさせたため、支柱が細くて倒れかかってしまったし、実つきも悪かった。今回は支柱もしっかりしたしたものにし、参考書片手に芽欠きをして、整枝に心掛けることにしている。画像は暗くなって撮ったので分かりずらい。
          
5月9日(日) ゴールデンウィークに続き飽きもせずまた北御牧の週末暮らしとなった。かねてから気になっていた東部町にある玉村豊男さん(画家、エッセィスト)の農場を、偶然ホームページで知り、たずねてみた。今年新たにワイナリーの認可を取りワインづくりも本格的に取り組み、カフェも始めたとのことでホームページの地図を頼りに行ったきた。以前にこのホームページにも掲載した金原ダムへ行く途中、ちょっとわき道へ入った山の中にあった。ヴィラデストガーデンファームアンドワイナリーというのが正式な名称らしいが、耳で聞いただけでは二度と繰り返して言えない名前である。東部町がわが北御牧村と合併して東御市に変わって、こんなおしゃれな施設ができたのも何かを期待させてくれる一つになるかもしれない。新しいワイナリー設備を含む建物の全景と、カフェで味わったファームの自家製リンゴジュース、ハーブティー、薄焼きレモンタルト。
           
5月5日(水) 今日は朝から雨。昨日行かなかった魚釣りへ。9時に家を出て、9時半入渓。イワナを2尾。餌は、ブドウ虫にはあたりなし、鬼チョロとクロカワムシ。川虫は豊富。おとといわざわざ上田までブドウ虫を買いに行ったが、結果論的には現地調達で可。
                
5月4日(火) 雨の予報だったので釣りにでも行こうかと思っていたが、朝から晴れ間がのぞいていた(結局雨が降り始めたには午後3時ごろ)ので、庭一面にはびこっているクローバとスギナの雑草採りに専念。リンゴの花が満開になっていた。ハーブのタイム(ジャコウソウ)も同じく満開
           
5月3日(月) 立科町の農産物直売所「なないろ畑」でナスの苗4本(1本230円)、トマトの苗3本(1本100円)、ミニトマトの苗2本(同100円)を購入し、植える。去年は5月10日に遅霜の被害にあっているので、今回は念のためビニール袋で囲いを作った。
               
5月2日(日) 今日は1日かけて、完成後初めての床ワックスかけ。ワックスは通販生活から取り寄せたアウロ社製の天然成分の水性ワックス。説明書には水1リットルに月、キャップ3杯ということで、4リットルを作って作業開始。計画では、2日間かけて作業の予定が、意外と作業がはかどり半日で、玄関、リビング、寝室、2階プレイルームとすべて完了した。しかも、2度塗りをして。
                
5月1日(土) ゴールデンウィークの初日、日本海を見てみたいと菅平、須坂、小布施を通って上越市に。さらに柏崎まで足を伸ばして、駅前の和食店で魚料理を食べる。タイやハマチの刺身、ニシンの焼き魚、メバルの煮魚と魚を満喫。おいしい魚に刺激され、さらに昼食後、寺泊まで魚を買いに行った。走行距離400キロ以上になった。
4月25日(日) 庭の花も春を告げている。ハナズオウと洋ナシ。昨日(24日)合併浄化槽の定期点検に業者がやってきた。
  
4月24日(土) 今回はあーちゃんとママが同行。いい天気に誘われ女神湖へ行って来た。ザゼンソウが咲いていたが写真にはとらなかった。浅間山や烏帽子岳の雪も消えていた。帰りにちゃたまやでアイスを食べてご満悦のあーちゃん。
  
4月19日(月) まだ満開という情報で高遠町の桜を見に出かけた。休日を避けて、月曜日ならすいていると思って、朝7時半に北御牧を出て、9時15分には城址公園の近くの駐車場についた。すいていたが、桜は残念ながら葉桜になってしまっていた。有料の城址公園には入園せず、標高の高い花の丘公園のほうに向かった。途中の民家の花桃が満開だった。花の丘公園ではまだ散らずに残っていた。ピンクの濃いヤエベニヒガンが目を惹いた。
  
高遠町の桜が不発に終わってしまい、帰路大門街道(国道152号線)のエコーバレースキー場(姫木平)入り口の近くにある利休庵というお蕎麦屋に寄った。季節の野菜を中心に10種類の天ぷらのついた天ぷらそばと、同じく10種類の素材の入ったうずたかく盛り上がったかき揚げ天ぷらそばを注文。月曜日でお客も少なく注文してから15分も待たずに食べ始めることができた。前回来た時は2時間近く待ったが、今回は平日のシーズンオフだったせいか、待ち時間なしだった。
  
4月18日(日) 土曜日は仕事だったため、1日遅れて北御牧へ。先週は蕾であったスモモや花桃が満開になっていた。去年無惨にも開花前に枝を全部切られてしまった裏の土手の桜が、去年1年間で延びた枝に花をつけた。
  
4月11日(日) 今年もジャガイモに挑戦。種芋は、上尾のホームセンターなどでは既に売り切れで入荷できないと表示されていて心配したが、佐久平のカインズではまだ店頭にたくさん品揃えされていた。今年は、3キロ入りを2袋。全部で80個の種芋を植えた。昨年の約2倍。畝の間には、近所から分けてもらった稲藁を敷いて、水分が切れないようにしてみた。
            
4月10日(土) 更埴(現千曲市)のアンズの里が満開という情報を得て、また今年も行って来た。我が家の庭のアンズが今年は思い切って剪定をしたため、あまり花がついていないのに比べると、さすがに本場のアンズの花のつき方は見事。お寺の名前のわからない桜も健在だった。
            
4月4日(日) 去年の4月の最初の土日、はバアの友人たちが来訪したが、雪の歓迎となった。今年は昨年に比べると雪も少なく、陽気も早めに春らしくなって来ていたので、まさかと思ったが今年もごらんのとおり雪となった。外仕事は何もできないので、家の中で本箱を作った。塗装していないので来週塗装し、完成品をお見せしたい。
                
                     
4月3日(土) 先週はバアが広島のおばあちゃんに会いに行くのと、大島の姉さんの最後の礼拝に出席するため出かけたので、ジイは上尾で留守番。2週間ぶりの北御牧となった。4月1日で、北御牧村はなくなり、東部町と合併して東御市となった。ジイとバアの家では市になったからといって何も変わりはない。
先週大宮のカインズで買っておいた芝桜と、今日立科町の農産物直売センター「なないろ畑」で買ったパンジーを植えた。それぞれ20株だが、パンジーは丁度「なないろ畑」に出荷していた生産者が、新種のパンジーを3株サービスしてくれたのでそれも追加で植えた。先週津金寺からカタクリ祭りのはがきが来ていたので早速見に行ったがまだ一部咲きだった。来週からぼちぼちか?

  
3月21日(日) 今日はジイとバアの33回目の結婚記念日。1日2人で畑を耕し、花壇づくりに精を出した。左の写真は、西側に盛土していたところを削り花壇兼野菜畑にするため開墾、中央は井戸の脇に球根類(水仙など)を植えるため、右は東側のブルーベリーの周りを広げて花壇にということで頑張りすぎて2人とも筋肉痛?
  
3月20日(土) 北御牧にも確実に春が来ている。18日上尾で降っていた雨は、こちらでは雪だったらしく家の北側にはうっすらと雪が残っていたが、陽だまりの南側の庭では水仙と、梅が花を咲かせていた。今日はこちらは午前中曇りで昼前から雨となったが、さいたま市では、ぼた雪が降っていると次女からのメールで知らせがあった。
         
3月14日(日) ジャガイモやナス、トマトを植えるための畑の耕作にいそしむ。畑の中央にあったクルミの木を一番南東の角に移植した。また、カキの苗(富有柿と次郎柿)を購入し、南西の角と北東に植えた。また、パンジーやビオラ、マリーゴールドを種から育てることにチャレンジすることにした。さて、うまく芽が出てくれるか?
  
 
3月13日(土) ここのところの暖かさで北御牧もいよいよ春が近づいているようだ。家の北側の溜池に渡り鳥が来ていた。鳥図鑑で調べたら左がアオサギ、右は通称パンダカモと言われるカモ。
         
3月6日(土) 先週の玄関事件の不安を抱きながら金曜日の夜やってきたが無事であった。その夜から降りだした雨は、明け方から雪になり久しぶりに雪景色になった。昼前には雪は止み、夕方にはすっかり日陰以外のところは雪が融けていた。
  
2月28日(土) 今週は土曜日の朝清掃ボランティアがあったので、それを済ませてから北御牧へ向かった。途中先日のホットマンの操作盤取り付け工事代金を支払うため佐久平のホクシンハウス展示場に寄った。さて、北御牧に着いてみると玄関の鍵が開かない。玄関戸の下には藁くずが落ち、デッキの上にはドライバー、キリ、レンチが落ちていた。鍵穴に何か詰めた痕跡があった。庭には自転車のタイヤ跡や子供の足跡がいくつもついていた。おそらく近所の子供のいたずらだと思うが、一応警察に連絡した。ホクシンハウスにも鍵の開錠の手配をお願いした。早速ホクシンからはお世話になったO店長がとんで来てくれた。あいにくの週末で鍵屋の手配は付かなかったが、鍵穴にホースの水をジェット噴射し、鍵を思いっきりガチャガチャ30分近く出し入れしているうちに泥水とごみが出てきて鍵が奥まで入り、何とか自力で開錠することができた。こんな静かな里山で、こんな事件が起こるなんて考えてもいなかったのだが・・・・
         
2月22日(日) 鉢カバー第2作完成。早速寝室出窓においてあった鉢にこれをかぶせた。あーちゃんが熱を出したため早目の帰りとなった。
                 
2月21日(土) 今日は孫のあーちゃんも一緒。今年一番の陽気でジイは16日に解禁になった渓流釣りに。釣果はイワナ一尾。解禁後最初の土曜日で100メートル間隔で釣り人がいるような状態。これが渓流釣りか?とジイは釣れないことの原因を決して自分の腕のせいにはしなかった。季節は確実に春に近づいている。浅間山も春霞でぼんやりと見えていた。我が家の家にもフキノトウが芽を出していた。バアとあーちゃんたちは津金寺の近くの田んぼにフキノトウ摘みに行った。夜食はフキノトウを天ぷらにして食べた。
  
2月15日(日) 昨日の夜から降り始めた雪が、午前10時ごろまで降った。その後雪が止み、晴れて午後にはすっかり午前と景色が変わってしまった。今年の雪は根雪になることはなく、降ってもすぐ融けてしまう。今日は雪が止んでから久しぶりに上田へ出かけ、2月16日から解禁になる渓流釣りの年券や竿などを購入し、ピッツェリアで昼を食べた
  
2月14日(土) 春を前に果樹に施肥をした。アンズ、リンゴ、洋ナシ、スモモ。東側に植えてあるブルーベリィにも施肥をしようとしたら、土がツンドラ状態でシャベルが入らず、無理やりやってみたら、氷の塊のような土が出てきたので、こちらはもう少し暖かくなってからにすることにした。先週途中で終わった鉢カバーを完成させ、ドライフラワーを飾った。
   
      
2月9日(月) 振替休日で今日まで北御牧に滞在。昨日の散歩の帰りに採ってきた蔓を使って鉢カバーづくりをした。去年暮れにクリスマス用のリースづくりをしたので、簡単にできると、たかをくくっていたが、意外と難しい。蔓も足りなくなり、未完成となった。
また、今日は先日できなかったホットマンの工事をしてもらった。工事代理人のNさんも来てくれるということなので、遅ればせながら家の1年後点検をしてもらった。ホットマンの工事は、真中の写真のように今まで床下に降りてホットマン室内機(2台)に向けてリモコンで操作していたものを、右の写真のように床下出入り口の壁に受信パネルを取り付け、そこに向けてリモコン操作するように工事してもらった。これで床下まで降りてしゃがんで操作しなくて済むようになった。

  
2月8日(日) 前週の2月1日に甥の結婚式があったため、久しぶりに北御牧を訪問しなかった。また、昨日(2月7日)は1月から始まった土日開庁(現職市長の選挙目当ての点数稼ぎ?)の当番で出勤となり、仕事が終わってから北御牧に来た。今日は、その市長選である。現職を含め3人の候補者が立ったが、結果は見えている。夜11時のニュースで現職勝利という結果を知った。あらためて、淡々と市民のためにできることをやっていこうと思う。
今日の北御牧は、前日の天気予報の雪予報に反して快晴で、明神館まで散歩した。去年と比較すると本当に雪が少ない。ただし、気温は相変わらず低い。溜め池の水が増えたのに伴い、しみ出し水が増え素掘りを流れる水量が多く、下の畑へ流れ落ちるところが凍ったいた。
子宝草の花もさらにすべての花芽が開花し、壮観であった。
         

1月26日(月) ホットマンの工事は、持ってきた機材が最新機種のものだったため不適合で、工事やり直しになってしまった。
ジイは、1年ぶりに本棚の増設工事をした。まだまだ上尾の小屋裏にはジイの学生時代の本がいっぱいしまわれているので、少しずつ運んでくるために増設した。
夕焼けが久しぶりに山々を照らし出していた。浅間連峰を背景にした溜池は、今月からほとんど全面結氷している

  
1月25日(日) 前日(24日)掃除当番と職場の同僚の新築祝いがあったので、いつもなら金曜日の夜には北御牧にくるのだが、今回は土曜日夕に到着。その代わり月曜日は休暇を取ったので2泊は確保。
先週と変わり日曜日の朝は、冷え切っているが空気は澄み渡りきれいな青空となった。ここのところよく、庭に顔を出すヤマガラの撮影に成功。大きさはすずめと同じようだがおなかの赤茶が特徴。
明日は、床下にあるホットマンの送風機のリモコン操作がうまくいかないので、あらたに壁に操作盤を取り付ける工事の予定。

         
1月18日(日) 前日(17日)の午後から降り出した雪が深夜まで降り続いた。翌朝午前8時前の雪景色。去年の今ごろはこんな景色は何度目だったか。今シーズンは初めて10センチ以上の積雪。除雪車も明け方には来ていた。今年最初の雪かきをした。今回からスコップではなく、新たに購入した手押しの雪掻きを使ったので、労力は3分の1ほどになった。気温は先週より暖かく?マイナス4度。
  
1月17日(土) 1月になって咲き出した子宝草の花が満開に近くなり、ますますきれいになった。アップにしてみると不思議な色、形である。
         
1月12日(月) 11日の夕食は由希さんの得意の鳥料理を堪能した。12日も天気がよくバアとふーさん、yukiはススキの箒づくり、ドライフラワーアレンジメントを楽しみ、ジイは果樹の剪定にいそしんだ
  
  鳥料理               ススキの箒           剪定で 身軽になった果樹
1月11日(日) 1月10日から12日までの3連休は、ジイとバアとふーさん、yuki&あーちゃんの5人で過ごす。11日は軽井沢タリアセンの中にあるペイネ美術館を訪れた。軽井沢タリアセンは塩沢湖の「湖畔に広がる自然と文化とミュージアム」であるが冬季は入園無料である。レイモン・ペイネの絵は、バアによれば若いときから生活の片隅に存在していた、という。メルヘンチックなタッチの中に平和を希求するメッセージが強く含まれているからなのだろうか。
 ジイはこの3連休で、庭の果樹の剪定をした。素人の剪定なので春に開花し、実がなるか少々不安ではあるが思い切って切り落とした。
 10日の夜中には小雪が舞った。11日の朝には、凍った溜池に降った雪が白く積もっていた。気温は10日の午前3時には、氷点下11度になっていた。

  
 軽井沢タリアセンの中    ペイネ美術館の看板        ジイとバアの家の溜池
1月4日(日) 去年の1月4日初めての北御牧の正月を迎えたこの日、思わぬ来訪者があった。それがこの土地の子供会の小学生たちによる獅子舞であった。毎年、1月4日に部落の家々を訪問して獅子舞による厄払いをする慣習とか。ことしはまだ、暦の上で休みなので、北御牧に滞在していたので、今回もこの獅子舞を出迎えることができた。今年を最後に、ここに定住するまでしばらくはお会いできない。
                  
                 

北御牧の今

2004年