近畿日本ツーリスト「南九州満喫」

指宿ゆかりの篤姫にあやかってなのはな館という鹿児島県の施設の一部を借り切って展示館に 長崎鼻から海面に浮かぶ開聞岳、日本百名山にふさわしい美しい山容 九州一の大きさの湖池田湖からの開聞岳、この湖はイッシーという謎の怪獣で有名? 知覧の特攻平和会館前の通り、知覧の道路には寄進された灯篭が並んでいる 知覧特効平和会館の建物、特攻でなくなった隊員の遺影、遺品、遺書を展示しているが何故か国の戦争責任にはふれていない
薩摩藩の武家屋敷の庭の枯山水、飛行場の近くでよく戦災に遇わずに残された 武家屋敷の町並みはよく手入れされていて気持ちが良い 旅の最後は鹿児島市の郊外にある西郷公園の西郷像、高さ10.5メートルある

3日目

断崖の洞窟内にある鵜戸神宮、駐車場から15分ほどアップダウンの階段を歩く 洞窟内のお乳岩、二つのおっぱいが岩から突き出ているような形 堀切峠からの日南海岸の洗濯岩の景観、バスガイドさんに撮ってもらった 堀切峠の道の駅で咲いていたゴクラクチョウという花、あまりのめずらしさに思わずシャッター 青島神社の社殿、読売巨人軍の優勝祈願で有名?
桜島を間近に見られる有村展望所から、南岳の噴煙を見る、硫黄の臭いが漂ってくる 桜島からフェリーで鹿児島市内に向かう途中の船上からの桜島 2泊目のホテル、指宿いわさきホテル、広い敷地に庭園が広がっている、夜中の蚊の攻撃には降参 遅い夕食時間前にホテルの庭園を散歩した、こちらの日没は遅い午後7時ごろ

2日目

1日目

最初の訪問地生駒高原花の茶屋ポピーはまばらで菜の花だけ。背景の山は守夷山(いのもりやま) 霧島神宮。朱塗りの鮮やかな建物と彫刻が目を引く 霧島いわさきホテルの客室からの眺め、湯煙と、遠くに桜島がうっすらと見えた 室内は比較的広く落ち着いた雰囲気だった。広い温泉が気に入った 和風の会席料理は美味しかった。黒豚のしゃぶしゃぶも最高

’08.04.02〜04 南九州の旅