03/01/19up
工事の内容

1 イニシャルポイント(敷地入り口、玄関)
2 ロックガーデン
3 ウッドデッキ工事
4 カーポート(2台用)および車回し土間コン工事
5 犬走り(東北側)工事
6 コナラの植栽
7 園路用チップ(春になったら)
工事期間02年11月
外構工事前の北側道路からの様子です。一番手前のところがジイとバアの家の敷地でもっとも高い場所になります。また、家の顔の部分にもなるので、ここを何とかしたいと思いました。外構工事を請け負ってくれた潟Oリーンライフとの協議でここを、「イニシャルポイント」と呼ぶことにしました。このイニシャルポイントから家の建っているほうへ下がっていく所は、ロックガーデンにします。
このように変わりました。逆光でわかりにくいのですが、枕木と白樺が主になっており、レンゲツツジとシモツケが脇を固めています。地面には野芝が張られています。これから冬に入るので、形は寂しい感じがしますが春から新緑にかけてどのように勢いが感じられるか楽しみです。
玄関の入り口は日陰で植物が育ちにくいので、スポット的に枕木と玉砂利のコーナーを作ってもらいました。大きな枕木には、郵便受け(サービスで付けてもらいました)と、イギリスに旅行したときに買っておいたエンジェルベルを取り付けています。
イニシャルポイントの下側です。道路から1.5メートルぐらい下がっています。右上の桜の木(2本)の向こう側は溜池になっています。この写真の中央電柱の支柱から右側の赤土の部分から、上の溜池の水が少しずつ沁み出してきます。その水を貯めて我が家にも池を作ってしまおうということで、勾配のところからロックガーデン風に池と一体で工事してもらいました。
大小さまざまな石を組み合わせてロックガーデンを仕上げている様子です。作業しているところは残念ながら見学できませんでした。この写真はグリーンライフの社長さんが撮ってくれた工事写真です。
ほぼ完成してきました。カーポートの影が写ってしまっているのでわかりずらいですが、写真の中央より下の所に写っているのが池です。意外と水が溜まっているので驚きました。
南側にウッドデッキを付ける工事です。家を建築しているときは、ジイが自分で作ると息巻いていたのですが、DIYの本を読んで研究していくうちにだんだん自信を失っていき、結局専門家に頼むことにしました。バアは家の完成に合わせて作って欲しいとずっと言っていました。ジイが作ったら何年かかるかわからないので、バアも最終的には外構屋さんに頼むことに賛成しました。
ジイが自分でやるとしたら一番難しいだろうと思った基礎づくりです。ここの土は粘土質で、乾いているとスコップでは簡単に掘れないほど硬いのです。機械で掘らないと大変です。それと、水平をとるのも、距離が長いので難しそうです。
ほぼ土台部分が完成しています。やはりプロの仕事です。写真で見てもちゃんと水平が取れているのがわかります。ジイがやったら多分波打っていることでしょう。
完成です。支柱や土台は米松を使用していますが、天板は「パオロペ」という木を使っています。ウッドデッキというとウエスタンレッドシダーを使うことが多いのですが、このパオロペは、ウエスタンレッドシダーよりも硬く長持ちするということでグリーンライフさんのご推奨で使ってもらいました。確かに残った板をのこぎりで切ろうとしたらとても硬かったです。一本長いままで残してもらったのは何かポイントになるものをということで、ここに風見鶏と外気温を計る温度計を取り付ける予定です。
カーポートを家の西側に作る工事です。幅6メートル奥行き5.8メートル。それと一体的に車回しの部分が幅7メートル、奥行き8メートルの土間コンを打設します。理想としては天然石を使いたかったのですが、予算もなく、また寒冷地では土の上に石を載せると冬にみんな浮いてきてしまうということで、土間コンで妥協しました。
カーポートの完成写真です。屋根と支柱はこんな田舎なのに「アーバン・グレイ」という洒落た名前の色でした。写真の手前右側に池がはっきりと写っています。土間コンは南北に14メートルもあります。今の上尾の家の間口は10メートルしかないのに・・・。
カーポート施工前に池の水や敷地内の雨水排水用に土間コンの下に排水管を埋めてもらいました。この先は自然浸透させます。この辺は排水溝がないので、敷地内で吸い込ませることになります。左側の木が道路との境に植えられている木です。
家の東側と北側に犬走りの工事をお願いしました。幅は1メートルです。この写真は東側の部分です。
北側の犬走り施工写真です。勝手口の最初のステップの高さに合わせて施工してもらいました。急遽犬走り工事をすることにしたので、勝手口との階段のすりあわせが大変だったと思います。最初から考えておけばよかったのですが・・・。
この後の画像は、カメラ撮影後パソコンに取り込む前にデジカメを紛失してしまったので、録れていません。北側(写真左側)にはこのあと、コナラの苗木約100本が植えられたのですが、画像がありません。コナラの多くは現在は雪に埋もれています。外構屋さんは、50本残れば上出来と言っています。
戻る        次へ